賃貸マンションの選び方

賃貸マンションの選び方としては、外観の感じに惑わされないことが必要です。
特に物件によっては、高級感にあるドアやフローリング、サッシを採用していることが多くあります。
しかしながら、あくまでも大切なのは構造の部分です。
例えば、収納部を確認する場合は、内部の構造を見ましょう。
使用されている柱や材質を確認すると、どのような工事をしたかある程度は把握することが可能です。
万一、ずさんな箇所があれば、そのマンションは、造り方がそれなりである可能性が大きいと言えます。

クローゼットの場合には、パイプの支柱の根元のところの接合の方法などを確認しましょう。
つまり、人の目に触れない箇所をどのように造っているかということによって、そのマンションがいいかどうかが分かるのです。
水まわりも大切な確認項目です。
水道管が老朽化しているかどうかを把握するためには、水圧が目安のひとつになります。
一般的に、マンションで築20年以上の場合は低い水圧であることが多いそうです。
実際に水を出してみて、水の出具合などを確認してみましょう。

特に、トイレ、お風呂は大切なポイントです。
ユニットバスかどうか、給湯器は電気かガスか、お湯の出具合はどうか、を確認しましょう。
これ以外には、エアコンやガスコンロに関しては、付いているのが当然というようになっています。
一緒にあるかどうかチェックしておきましょう。
本サイトでは、案外とよく見逃すこと、どんな基準で選ぶか、役に立つ確認ポイント、についてご紹介します。